Themepark News

テーマパークニュース。遊園地・テーマパークのアトラクション等最新情報まとめ、事故や歴史

エキスポランド「風神雷神Ⅱ」事故(2007年5月)

2007年5月5日午後0時48分ごろ、大阪の遊園地エキスポランドのスタンディングコースター「風神雷神Ⅱ」で死亡事故が発生しました。

 

6両編成の乗り物、車軸が破損し車体が脱線して、2両目が左に傾き走路脇の手すりに激突したそうです。

 

2両目の左側に乗っていた19歳の女性が死亡、そのうしろに乗っていた人が前頭部を打ち重傷、その他18人が軽傷だそうです。

 

エキスポランドの説明では車両本体・安全装置の点検は毎日行っており、空車運転もしているそうです。

 

午後1時半に点検が予定されていたようですが、その直前に事故が起きました。

 

部品の解体点検は通常1年に1回行われるが前回は昨年1月に実施。

次回は5月中旬に予定されていた(これは法的には問題ないことだそうです)。

 

折れた車軸は1992年の開業以来1度も交換されていなかったそうです。

5月6日の休園を決定、その後の営業は未定と発表。

 

8月10日から営業再開するも、12月9日に再び休園。

2009年から営業再開予定だったが、再開されることなく2009年2月をもって閉園した。

 

 

続きを読む

USJ「E.T.アドベンチャー」事故(2004年11月)、その後被害者と裁判になり、和解

USJ「E.T.アドベンチャー」事故(2004年11月)

 

約2年前、アトラクションの安全バーに手首を挟まれた大阪府内の女性客(35)が、手首などに後遺症が残ったとして、USJを相手に、治療費や慰謝料など約2880万円の損害賠償を求めた訴訟があったそうです。

 

USJが解決金1400万円を支払う条件で大阪地裁で和解が成立していたそうです。

 

当時、USJは大阪市に事故を届けたが、公表はせず、和解条項では「事故や和解内容を第三者に開示しない」としているそうです。

 

事故の詳細は、2004年11月、自転車に模した乗り物で空中を旅するアトラクション「E.T.アドベンチャー」に乗車した際、従業員が下ろした安全バーに右手首を強く挟まれてしまい、手首に腫瘤(しゅりゅう)ができ、筋や神経も痛めて知覚異常と診断され、約9か月間通院。

 

後遺症で指2本が不自由になり仕事を休んだため、半年後に解雇されたうえ、USJの不誠実な対応で精神的苦痛も被ったとして、05年12月に提訴した。

 

USJは当初、「事故の状況は知らず、後遺障害も存在しない」と反論。

 

しかし、今年9月に和解した。事故の公表義務はなく、USJは、発生を大阪市に報告するとともに、安全バーに構造上の問題はなかったと判断。

 

その後、従業員に対し、安全バーを下ろす際、客に声をかけるなど安全確保の徹底を図っているといい、和解については「すでに解決しており、詳しい内容はコメントできない」としている。

 

 

続きを読む

ハウステンボス火災(2005年10月)

ハウステンボス火災(2005年10月)

 

2005年10月20日午後2時45分ごろ、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」の屋外にある資材置き場で火災が発生したそうです。

 

火は約1時間後に消えた。

 

火災発生時、約4000人の入場者がいたが、けが人はなかった。

 

ハウステンボスによると、現場は宿泊施設「迎賓館」の横にあり、本来はテニスコートだったが、現在は資材置き場として使われ、入場者が行き来するような場所ではないという。

 

続きを読む

富士急ハイランド「キングオブコースターフジヤマ」事故(2005年9月)

富士急ハイランド「キングオブコースターフジヤマ」事故(2005年9月)

 

2005年9月15日午前9時10分ごろ、富士急ハイランドで、ジェットコースター「キング・オブ・コースター・フジヤマ」が地上約60メートルの地点で停止したそうです。

 

乗客27人は約50分後、係員の誘導でレール脇の階段を使って歩いて下り、無事でした。乗客のほとんどは米国などからの外国人ツアー客で、子供はいなかったそうです。

 

ヘルメットをかぶり命綱をつけて下りたということでした。

 

車両は出発から約1分後、最高部分(地上約79メートル)まで上昇中に安全装置が自動的に作動して停止、フジヤマが営業中に安全装置で停止したのは初めてで、原因を調べているそうです。

 

フジヤマは全長約2000メートルで、最高時速は約130キロ。

 

続きを読む

東京サマーランド、ジェットコースター事故(2005年8月)

東京サマーランド、ジェットコースター事故(2005年8月)

 

2005年8月24日午後0時10分ごろ、東京都あきる野市上代継の遊園地「東京サマーランド」で、ジェットコースターに乗っていた八王子市の都立高校3年女子生徒(18)に、コース上に垂れ下がっていた金属製ワイヤが当たり、女子生徒は胸などに約1週間のけがをしたそうです。

 

調べによると、ワイヤは直径2センチ、長さ約6メートル。

 

横揺れを防ぐためレールの支柱間に張られているのですが、支柱との溶接部分から外れていたようです。

 

ジェットコースターの最高速度は97キロですが、事故があった場所は上昇する途中で、約40キロまで減速していました。

 

ジェットコースターには当時19人が乗車しており、けがをした女子生徒は7両編成の6両目に乗っていたそうです。

 

 

続きを読む

東京ディズニーシー「ハンガーステージ」照明割れ事故(2005年8月)

東京ディズニーシー「ハンガーステージ」照明割れ事故(2005年8月)

 

2005年8月22日午後2時10分ごろ、千葉県浦安市の東京ディズニーシー(TDS)のエンターテインメント施設「ハンガーステージ」で、ショーの公演中に照明のライトが割れてガラス片が落ち、20代の女性客1人が左腕に軽いやけどをしたそうです。

 

観客約1000人がいたが、ショーを中断して施設の外に誘導されました。23日以降のショーは検討中という。ショーが始まって約10分後、高さ8・5メートルに設置された直径約2センチ、長さ約5センチのライトが割れ、ガラス片が客席などに落下したそうです。

 

前から5列目に座っていた女性の左腕に当たったということでした。

 

続きを読む

ナムコナンジャタウン「もののけ番外地」事故(2005年7月)

ナムコナンジャタウン「もののけ番外地」事故(2005年7月)

 

サンシャインシティ内のテーマパーク「ナムコ・ナンジャタウン」で、お化け屋敷「もののけ番外地」の展示物を点検していた従業員が展示物の間に体を挟まれ、胸部を強く打って意識不明となり近くの病院に搬送されたそうです。

 

事故が起きたのは、もののけ番外地内のアトラクション「地獄旅館」の一角にある岩風呂に似せた直方体(深さ約1メートル)の可動式展示物。

 

客が岩風呂近くのセンサーに手をかざすと、空気圧でフタが開き、フタにぶら下がった妖怪にライトが当たる仕組みで、通常は、フタが開いてから13秒後にフタが閉まることになっていたということでした。

 

妖怪へのライトの当たり具合が悪かったため、従業員が午前10時の営業開始前、フタが開いた岩風呂の中をのぞき込む形で点検中、岩風呂とフタの間に胸部を挟まれたとみられます。

 

本来はメンテナンス担当の社員がする点検作業を運営担当の事故にあった従業員がし、遊具はふたが約10秒で閉まる運転状態のままだったそうです。

 

 



#探偵ファイル/探偵魂

 

続きを読む

東京ジョイポリス「ビバ!スカイダイビング」事故(2005年4月)

東京ジョイポリス

「ビバ!スカイダイビング」事故(2005年4月) 

 

6人掛けのいすに利用客が座り、約12メートルの高さまで垂直に上昇後、いすが60度傾き客が前のめりの状態になったところで降下する乗り物。

 

マニュアルでは、安全バーで上半身を固定した上で、腰部の安全ベルトを締めることになっていたが、今回事故にあった利用客は太っていたため安全ベルトを締めず安全バーだけで運行開始。

 

バーをすり抜けるような形で5m下の床面に落下し全身を強く打ち死亡に至った。 

 

 



東京ジョイポリスにおける死亡事故

 

続きを読む

USJ、飲食カートのクルーが重体(2005年1月)

2005年1月21日、USJグラマシーパークにある屋台で砕氷機の清掃をしていたクルーが衣服を機械に巻き込まれてしまい、首が絞まって意識不明の重体となった。

 

原因究明と再発防止に全力を尽くすと同社広報室が発表した。

 

 



飲食カートクルーが事故に巻き込まれ重体 - UNN24 ~ユニバーサルシティ・ニュース・ネットワーク・24~
パーク内の飲食カートで閉店作業をしていた女性クルーが砕氷機のローターに巻きこまれる事故が発生しました。別のクルーが発見し、女性クルーは病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。 ...

 

続きを読む